地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、枚方の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

枚方の地域情報サイト「まいぷれ」枚方市

チカラのみせ処 宮のサポ

「宮之阪ふれiチケット『みやサポ』」利用約款

「宮之阪ふれiチケット『みやサポ』」利用約款

(約款の趣旨)
第1条 この約款は、宮之阪中央商店街振興組合が発行する「宮之阪ふれiチケット『みやサポ』」(以下、「みやサポ」という。)の使用において規定するものとします。

(会員の構成)
第2条 「みやサポ」を使用する会員は次のとおりとし、その登録は宮之阪中央商店街振興組合「みやサポ」事業部が行います。ただし、次の各号に該当する会員の登録がない場合においても、「みやサポ」を所持し、使用した個人は、第1号利用会員・第2号活動会員とみなします。
(1)利用会員:地域貢献活動やボランティア活動を受けたことに対して「みやサポ」で謝礼をする個人または、地域貢献登録団体・店舗をいいます。
(2)活動会員:地域貢献活動やボランティア活動を行ったことに対して、その謝礼を「みやサポ」で受け取る個人または、地域貢献登録団体・店舗をいいます。
(3)協力会員:利用会員や活動会員から「みやサポ」を商品・サービスの対価として受け取る地域貢献登録団体・店舗をいいます。

(「みやサポ」を使用できる場合)
第3条 「みやサポ」を使用することができるのは、以下のとおりとします。
(1)「みやサポ」を所持している人は、1「サポ」を1円として換算し、協力会員の提供するサービス及び商品等の代金として使用することができます。ただし、協力会員が「みやサポ」の使用できないものとして指定した商品等の代金のお支払いには、ご利用いただけません。
(2)前号での代金として使用する場合、日本円でのおつりはでません。
(3)地域貢献活動やボランティア活動を受けたことに対して「みやサポ」で謝礼をする利用・活動会員は、各々で定めたルールに従って「みやサポ」を使用することができます。

(「みやサポ」を使用できない場合)
第4条 以下の場合は「みやサポ」を使用できません。
(1)「みやサポ」が偽造、変造されたものであるとき。
(2)「みやサポ」を違法に取得したとき、または違法に取得された「みやサポ」であると知りながら、若しくは知ることができる状況で取得したとき。
(3)「みやサポ」の券面の3分の1以上が滅失しているとき。

(発行者の事由により「みやサポ」を使用できない場合)
第5条 以下の事由が、宮之阪中央商店街振興組合に生じた場合には「みやサポ」を使用することができないことがあります。
(1)破産、若しくは特別清算開始等の申し立てがあったとき。
(2)手形交換所の取引停止処分を受けたとき、その他支払いの停止があったとき。
(3)重要な財産に対する仮差押、保全差押または差押の命令、若しくは通知があったとき。
(4)天災地変その他の理由により営業を停止したとき。
(5)「みやサポ」の発行及び取扱いに関する約款に対する違反、または不履行があったとき、または当該契約が終了したとき。
(6)前各号のほか信用が著しく低下したと認められる相当の事由が生じたとき。

(「みやサポ」の再交付をする場合)
第6条 第4条に該当する場合を除き、汚れや滅失などにより使用できなくなった「みやサポ」は、宮之阪中央商店街振興組合から再交付を受けることができます。

(「みやサポ」の再交付をしない場合)
第7条 「みやサポ」を盗難または紛失された場合等には、発行元「みやサポ」の再交付はいたしません。

(「みやサポ」を使用して購入したサービス・商品等に問題が生じた場合)
第8条 サービスまたは商品等の代金として「みやサポ」を使用した際に、瑕疵や返品などの問題が生じた場合は、「みやサポ」を使用した者と協力会員との間で問題を解決するものとし、宮之阪中央商店街振興組合は一切の責任を負いません。

(換金の原則禁止)
第9条 協力会員以外の「みやサポ」所持者は「みやサポ」を現金と引き換えはできません。
2 協力会員は、発行元が定める「宮之阪ふれiチケット『みやサポ』」運用規約に基づき「みやサポ」を現金に引き換えるよう、発行元に請求することができます。
3 発行元に責任のある事由により「みやサポ」の利用が著しく困難になったと認められる場合(ただし、第4条の場合を除きます。)には、前項の定めに関わらず、発行元が定める方法で「みやサポ」をご提出していただくことにより、券面金額の払い戻しを受けることができます。なお、発行元以外においては、理由の如何を問わず、払い戻しを受けることはできません。

(取扱いの変更)
第10条 「みやサポ」の取扱いについて、この約款を変更する場合には、一定の予告期間を置いて周知の方法をとるものとし、予告期間経過後は変更後の約款を適用します。

(その他)
第11条 この約款の施行について必要な細則は、発行元がこれを定めるものとします。

附則 この約款は平成28年2月2日より適用します。