地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、枚方の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

枚方の地域情報サイト「まいぷれ」枚方市

ええやん! 枚方

コンビニのレジ画面で若者に呼び掛け

2017/10/31

悪質商法、1(い)8(や)8(や)で撲滅や!!

イメージ
イメージ
市消費生活センターは10月31日から市内コンビニエンスストアのPOSレジ画面を使った消費者被害防止の呼び掛けを始める。会計時の短時間で覚えることができるよう液晶画面に消費者ホットラインの電話番号「188(いやや!)」を大きく表示し周知を図る。悪質商法の被害が増える中、若年層への消費生活相談窓口の認知度の向上を図るため、若者など幅広い年齢層が日常的に利用する市内60カ所で実施するもの。担当者は「新たな手法で相談窓口である消費生活センターを周知し怪しいと思ったらすぐ相談をするように促すことで被害の未然防止につながれば」と効果に期待を寄せています。

★POSレジとは・・・
●ネットワークを通じて販売情報を集約し、蓄積・分析することで店舗や企業の売上改善につなげるシステムを搭載したレジのことで、液晶画面に会計情報を表示するものが多い。
●コンビニエンスストアのPOSレジ液晶画面を利用した啓発は市内のローソンおよびファミリーマート約60店舗で4週間実施する。

【取り組みについて】
1)同センターでは被害防止を目的にラッピングバスの運行やケーブルテレビ・FMひらかたでの啓発CM放送、市内主要駅に看板を設置するなど積極的なPR活動に取り組んでいる。現在、大学生など若年層を中心にしたPRが課題となっており、コンビニエンスストアのPOSレジ液晶画面による啓発を通じて、幅広い年齢層への消費生活相談窓口の周知を図る狙い。今後も消費者被害の未然防止の取り組みを積極的に進めていく。
2)「消費者ホットライン」は全国共通の電話番号(188)で、消費生活センター等の消費生活相談窓口の存在や連絡先を知らない人に最寄りの消費生活相談窓口を案内することにより、消費生活相談を手助けするもの。土日祝日など市区町村や都道府県の消費生活センター等が開所していない場合には、国民生活センターで相談を受け付けるなど、年末年始(12月29日~1月3日)を除いて原則毎日利用が可能。

お問い合わせ

消費生活センター(担当:安倉(やすくら))
TEL:072-844-2433(直通) 

詳しくは 北大阪商工会議所 まいぷれ事務局まで
電話 072-841-0104
mypl@kitaosaka-cci.go.jp