地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、枚方の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

枚方の地域情報サイト「まいぷれ」枚方市

ええやん! 枚方

産後をもっと健やかに

2017/09/28

10月から健診費用に「最大1万円」補助開始

イメージです
イメージです
市は10月から出産後間もない母親の健康診査費用を最大1万円補助します。

産後約2週間と産後約1か月の2回分の健診のそれぞれ最大5,000円までを助成することになりました。

産後うつの予防などを図ることが目的で、対象は平成29年10月1日以降に出産した市民。国の条件を満たした産婦健康診査の費用助成を行う大阪府内の自治体は枚方市を含め4市のみ。

担当者は「出産後間もない時期は赤ちゃん中心の生活に大きく変化するので、健診を受けることでお母さん自身のこころとからだの状態に気づく機会となってほしい」と話しています。

対象者には妊娠届出時に受診券を配付、または郵送されます。

助成額は1回の健診につき5,000円まで。

【目的・経緯】

○これまで全額自己負担だった産婦健康診査の費用を市が助成することで、産後うつの予防など産後の初期段階における母子に対する支援を強化し、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援体制の整備を目的としている。

○「産後ケア事業をすでに行っている」「健診項目にこころの健康チェックがある」などの国の条件を満たした産婦健康診査の費用助成を大阪府内で開始するのは、枚方市・大阪市・堺市・豊中市の4市のみ。産婦健康診査の結果、支援が必要な場合は保健師等による家庭訪問や「産後ママ安心ケアサービス」の利用を促すなど継続した支援を行う。

○国の「母子保健医療対策総合支援事業」の補助金を活用し、事業費は約1,900万円。

○「産後ママ安心ケアサービス(枚方市産後ケア事業)」は枚方市が大阪府内初の取り組みとして平成26年度から実施している事業で、産科医療機関や助産所に母子が滞在し、体調管理の仕方やおっぱいの与え方などの育児サポートを助産師等の専門スタッフから受けられるというもの。現在市内7カ所の施設で行われている。



お問い合わせ

健康部 保健センター(担当:上田、沖)
TEL:072-840-7221
FAX:072-840-4496


詳しくは 北大阪商工会議所 まいぷれ事務局まで
電話 072-841-0104
mypl@kitaosaka-cci.go.jp

PICK UP 枚方のお店 ~官公署~

  • 枚方市保健所 保健衛生課

    枚方市保健所 保健衛生課

    枚方市大垣内町2-2-2

    [ 保健所 ]
    生活衛生関連営業施設の許可監視指導、犬の相談を担当しています

  • 津田生涯学習市民センター

    津田生涯学習市民センター

    枚方市津田北町2-25-3

    [ 生涯学習市民センター ]
    地域のコミュニティ活動の場としてご利用ください。

  • 御殿山生涯学習美術センター

    御殿山生涯学習美術センター

    枚方市御殿山町10-16

    [ 生涯学習美術センター ]
    地域のコミュニティ活動の場、アトリエとしてご利用ください。

  • 枚方市役所

    枚方市役所

    枚方市大垣内町2-1-20

    [ 市役所 ]
    市の紹介、暮らしの情報と施設案内。

  • 枚方東郵便局

    枚方東郵便局

    枚方市津田北町2-2-1

    [ 郵便局 ]
    郵便、貯金、保険を取扱い。ATM、時間外窓口も有ります。

  • 牧野生涯学習市民センター

    牧野生涯学習市民センター

    枚方市宇山町4-5

    [ 生涯学習市民センター ]
    地域のコミュニティ活動の場としてご利用ください。

人気のキーワード